特長 --コミュニグラム--

  • 従来のガント・チャートを使って計画を立てる方法と異なり、プロジェクトなどを時間からではなくコミュニケーションと 成果の視点からビジュアルに設計し、計画する支援ツールです。
  • プロジェクトの目標を達成するために必要なコミュニケーションやコラボレーションに焦点を当てています。
  • コミュ二グラムを見ると、作業を遂行するために何が欠落しているかを認識できます。
  • コミュ二グラムは “自立的な計画”を促進します。
  • プロジェクトを計画するためにタスクではなく、成果を定義します。
  • 大きな黒丸は責任者、協力者は小さな黒丸で表示されます。
 
  • 成果物の提供者と受領者を設定します。(“サプライヤー“”クライアント”の関係)
  • 矢印は、 “サプライヤー”と “クライアント”の間にコミュニケーション・チャネルを作ります。
  • サブプロジェクト間の横断的な関係を定義できるので、組織間でも組織内部と同様の管理が行えます。



  • 従来型のバーグラフやガントチャートは、入力した基本情報から自働生成されます。